2014年04月の記事一覧 | 看板製作スタッフの日々のできごとあれこれ日記

2014年04月の記事一覧 | 看板製作スタッフの日々のできごとあれこれ日記

現調

ファサード看板取付のための現調を行いました。

サイズはH300×W1400くらいの物になります。

この位のサイズならアルミ複合板プレートを直接ビス止め、もしくは接着で取付け可能なのですが…

IMG_0827

 

上側の白いものは、スチール枠。左右と下側は木枠。

IMG_0833

さらに、スチール枠、左右の木枠、下側の木枠と3段階の凹凸になっています。

壁面の状態も波打っているような感じです。

どんな方法で看板を取り付けるかは、施工完了で報告します。

では、

 

Hirao

工場

 

こんばんは。くさかりです。

 

先日、デザイナーの浜中と弊社工場へ行きました。(本社のすぐ近くなんですが)

 

 

スクリーンショット 2014-04-25 18.59.35

 

スクリーンショット 2014-04-25 19.00.00

 

自分が担当したものや考えたプラン・仕様のものが

 

どうやって作られるか、どのように設置されるか。

 

やっぱり頭の中だけではわかっているようでわかっていない・・・

 

たまにはその過程を見て触って体感する事も必要です。

 

それが次のアイデアや、デザインに生かされていくんですよ〜。

 

トレードではデザインから製作・施工まで行なっております。

 

「こんなの作りたいけどできるのかな?」なんてことでも

 

どしどしお問い合わせくださいね!!

 

 

 

 

またまた LED

先週に引き続き…

またLEDです。

やっぱりLEDの案件が多いです。

大小関わらず。

今回はアームスポットのランプ交換です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とにかく

お薦めです。

 

 

 

 

T.SUGIE

三角柱

工場作業です。

①アルミ複合板を規定のサイズにカットし、木口を塗装します。

※表面も塗料が付いていますが、養生してあるので大丈夫です。

photo1

 

②木目調化粧シートをカットします。

photo2

 

③木口を塗装したアルミ複合板に化粧シートを貼り込みます。

photo3

 

④金物を使いアルミ複合板を張り合せていきます。

一発勝負のため、慎重に作業を行います。

photo4

photo5

 

まだ作業は残っていますが、こんな物を作るのも看板屋のお仕事です。

Hirao

 

立体文字

 

こんばんは。くさかりです。

 

今週は立体文字の問い合わせが多かったです〜

 

ステンレスや、カルプ、アクリルなど素材もいろいろありますし

 

直付けにしたり立ち上げて取付けたり

 

ライトアップしたりLEDを組込んだり・・・

 

様々な環境にあったものが製作可能です。

 

気になる方はぜひお問い合わせくださいね!

 

カルプ

 

1

 

 

 

ステンレス(焼付け塗装・立ち上げ取付)

 

2

eco

地球にやさしい看板を作りましょう。

新しく設置する看板も

現在お使いの看板も

どちらも照明器具やランプ、蛍光灯を消費電力の少ない

「LED」

のものを使うことで地球に優しい看板にすることが出来ます。

初期投資は通常のものよりかなり割高ですが

長い目で見れば電気代の面でもかなりお得になります。

 

先日もファサード看板の電材をすべてLEDもージュールに交換してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の案件ではひと月の消費電力が約30%になる試算でした。

既存看板の蛍光灯、ランプの数が多ければ多いほど試算上はお得になります。

お問い合わせ頂ければ、あなたのお店の看板も消費電力の試算をさせて頂きます。

 

 

 

T.SUGIE

高所作業車

弊社所有の高所作業車は

地上から高さ12mまで作業可能です。

張り出すタイプのアウトリガーではないので、

狭い場所などでも作業車としての性能をフルに発揮できます。

作業車

※高所作業車の種類によっては、アウトリガーを最大に張り出さないと安全装置が働き動いてくれないものもあります。

アウトリガーが出ないってことは車幅2m位で納まりますが、アウトリガーが張り出すものは車幅が3.4m位になります。

道路に設置した場合、規制する範囲も狭く交通の邪魔にもなりにくい?です。

もちろん道路使用許可申請は必要になります。

 

地上12mからはこんな感じです。ビル4F位の高さです。

もちろん作業時は、ヘルメット・安全帯は必要です。

P1120417

 

 

 

Hirao

社名サイン

 

こんばんは。くさかりです。

 

先日作った社名サインです。

 

会社の受付やエントランスには欠かせないもの!

 

透明のアクリルを立ち上げて設置してあるので、いいかんじで影ができてきれいです。

 

最近のロゴマークは1色ではなくグラデーションを使用してある事も多いのですが

 

フルカラープリントをロゴマークの形に型抜きできるので大丈夫ですよ!

 

スクリーンショット 2014-04-11 17.52.37

 

 

ちょっと小さくてわかりにくいかもしれませんが

 

右側の赤色のロゴマークはプリント(グラデーション)、

 

左側のプルーのロゴはマーキングフィルムで作ってあります☆

 

 

凸凹

シャッターにサインを貼ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

凸凹のシャッターにインクジェット出力を1本づつ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シート切り文字も1本づつ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

退いて見ると、

こんな感じに仕上がりました。

 

シャーターサインは、パズルを組み立てている様で

面白いです。

 

 

 

 

 

T.SUGIE

LED照明

看板の照明と言えば、以前は水銀ランプ ・ キセノン ・ レフ球 ・ 蛍光灯などでしたが、

時代のながれでLEDへと変わってきています。

弊社の工事に使う外照式スポットアームもほぼ100%LEDになっています。

LEDの一番のメリットはご存じかと思いますが、消費電力が上記の電材に比べ格段に少ないです。

例えば、小型看板に良く使用する消費電力150Wのレフ球ですが、

LEDの場合レフ球160W相当で消費電力16Wと150Wレフ球の約1/9です。

バラストレス水銀灯300W相当の明るさのLED球でも消費電力は42Wです。

看板にレフ球150Wを10灯付けると1500Wとなり、ブレーカーは大丈夫かと心配になります。

場合によって看板用電源を新たに設けなくてはいけない時も…

レフ球160W相当LED16Wを10灯設置しても、合計160Wのためブレーカーなどの心配はほぼ無くなります。

元々ブレーカーの空きがない場合は別ですが…

先日施工した内照式自立看板も中の電材は蛍光灯ではなく、LED仕様です。

IMG_1165 IMG_1173

看板の照明はLEDで決まりです。

Hirao